社長対談

オーサキ・グループ・ホームページの『大崎潔社長とゲストの対談ページ』を「オーサキ・神宮前WEBチャンネル」と命名し、数カ月に一度の割合でゲストと対談をしてゆきます。


Vol.17 心やさしく煌めき続ける大スター(ヨモヤマ話)

浅香唯 さん さんの写真
Guest: 浅香唯 さん

大崎:

ここからは、お食事をしながらお話をお聞きしたいと思います。まずは乾杯!

浅香:
乾杯! 私のコレクションも嬉しかったですが、いろんな懐かしい物を見せて頂けて楽しかったです。 それでは、いただきます。

大崎:
オフィスのテナントの1つという事もあるのですが、すこぶる評判のお店ですので予約をしたんですが、いかがですか?

Vol.16 心やさしく煌めき続ける大スター(後編)

浅香唯 さん さんの写真
Guest: 浅香唯 さん

大崎:
今は恒例になった12月のコンサートですが、元々はバースデーコンサートで、確か川崎でなさっていませんでしたか?

浅香:
良くご存知ですね。昔は、クラブチッタ川崎でしていたんですけど、しばらくお休みした後は色々なところで行うようになりました。

大崎:

そんな唯さんに是非ご覧いただきたいものがあるんですが。。。

浅香:
えぇ、わぁ、すご~い。

大崎:
唯さんのシングル全25枚と、オリジナルアルバム全14作品それぞれ手作りですが、額に入れました!
「昭和の平等コレクター」ということで、持っていなかったものは今回とり寄せましたよ。

Vol.15 心やさしく煌めき続ける大スター(前編)

浅香唯 さん さんの写真
Guest: 浅香唯 さん

大崎:
今回の対談のお相手は、歌手であり作詞も手掛けていらっしゃる浅香唯さんです。

浅香:
本日は、宜しくお願いします。

大崎:
浅香さんと言えば、スケバン刑事の風間三姉妹のお一人と言うことで、以前にご登場いただいた大西結花さんからのご縁を頂きました。

浅香:
7月に行われた風間三姉妹の復活コンサートの際には、色々とお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。

大崎:
こちらこそ楽屋にお邪魔した際には、気持ちよくお話をさせていただいてとても嬉しかったです。機会があったら対談したいなと思っていたんですよ。

浅香:
それは、とても光栄です。

Vol.14 夢抱く平成生まれ初登場(ヨモヤマ話)

Guest: 櫻井勝之プロ、石川えりなさん

大崎:
ここからは、食事をしながら氣楽に行きましょう。

これまでは、私の方から質問をしてきましたが、立場を変えてお二人から私への質問にお答えしようと思います。

櫻井:
社長という立場にいらっしゃると沢山の方とお話しをする機会があると思いますが、大崎社長がお話しをする際に大切にしていることがあったら教えていただけますか。

Vol.13 夢抱く平成生まれ初登場(後編)

Guest: 櫻井勝之プロ、石川えりなさん

大崎:
お二人にとって、目標となる人物はどなたですか?

石川:
私は、山口百恵さんです。父が大ファンだったので、幼いころからコンサートのビデオなどを見て育ちました。思わず「百恵ちゃん」と言ってしまうぐらい、尊敬とともに親しみも感じています。

大崎:
百恵さんは、その存在感もさることながら、沢山の名曲を歌っていますからね。

Vol.12 夢抱く平成生まれ初登場(前編)

Guest: 櫻井勝之プロ、石川えりなさん

大崎:
今回の社長対談は、平成生まれで初めて、それもお二人の方へのインタビュー。ゴルフの櫻井勝之プロ、そして、歌手の石川えりなさんです。

櫻井:石川:
こんにちは、本日は宜しくお願いします。

大崎:
石川さんが平成2年8月13日生まれ、櫻井プロが平成3年1月2日生まれということで、全くの同学年。どんな対談になるかワクワクしています。

Vol.11 憧れの表紙クイーン大西結花!(ヨモヤマ話)

Guest:スケ番刑事・風間三姉妹の長女役  大西結花さん

大崎:
本日は、対談お疲れ様でした。先ずは、乾杯をしましょう。

大崎:大西:
乾杯!

大西:
こちらこそ、本当に、ありがとうございました。
大好きな、それも貴重なエンブレムの入った靴のプレゼントをいただいたり、貴重なコレクションをみせていただいたりして、本当に楽しい一日でした。

Vol.10 憧れの表紙クイーン大西結花!(後編)

Guest:スケ番刑事・風間三姉妹の長女役  大西結花さん

大西:
うわ、凄いですねぇ。うちの事務所にも、こんなに沢山の種類はないですよ。。。 懐かしいぃ。そして、ちょっと恥ずかしいぃ。
みんな若かったなぁ。。。


あっ、こちらのテレカの写真は覚えています。たしかLPのジャケットと同じはずですよ。

大崎:
テレホンカードの収集は、結花さんのデビュー前後に大ブレイクしています。専門店のみならず、全国のデパートでも売られていたぐらいです。各地・各ジャンルの「テレカ大賞」もありました。結花さんのものはとても人気があって、100種類以上あるはずですよぉ。当然のように89年に関西方面でのテレカ大賞を受賞しています。偶然かもしれませんが、スケ番刑事役の斉藤由貴さん、南野陽子さん、結花さんの大親友でいらっしゃる西村知美さんも受賞をしています。

Vol.9 憧れの表紙クイーン大西結花!(前編)

Guest:スケ番刑事・風間三姉妹の長女役  大西結花さん

大西:
はじめまして。社長対談のゲストに選んでいただいてとても嬉しいです。私、ブティックオーサキの靴が大好きで、明治通り沿いにあったお店には何度かお伺いしていたんですよ。

大崎:
ありがとうございます。お客様リストに結花さんのお名前がありましたので存じ上げております。


当時のお店ではお話をしていないんですが、実は「はじめまして」ではないんですよ。そのご縁もあって今回の対談のお相手に選ばせていただきました。

Vol.8 伝説の社長紹介番組と2代目(ヨモヤマ話)

山口雅史さん さんの写真
Guest:宮尾すすむさんのご子息でタレントの 山口雅史さん

大崎:
それでは、攻守交代ということで私の方から質問をさせてください。

お父様は、舞台やテレビの司会、「スターどっきり㊙報告」「ああ日本の社長」などのレポーター、クイズ番組のパネラー、大河ドラマや遠山の金さんでの俳優など、本当に色々な事をなさいましたよね。マルチタレントの走りですよね。

山口:
やっていないのは歌ぐらいじゃないですかね。ただ、本人も歌いたいとは思わなかった。というか苦手意識があったんですよ。カラオケとかはやらない人でしたから。今の人は、子供の頃から歌える環境が整っていますから上手ですよね。父が若かった頃は、カラオケと言えばエイトトラックの大型のカセットの時代。家族でカラオケなんて考えられませんでした。それに父の場合、どなたかがカラオケを歌う場合には司会をしてたんじゃないですかね(笑)

Vol.7 伝説の社長紹介番組と2代目(後編)

山口雅史さん さんの写真
Guest:宮尾すすむさんのご子息でタレントの 山口雅史さん

山口:
大崎社長は、幼少のころからお父様の会社を継ぐつもりでいらしたのですか?

大崎:
いえいえ、小さな頃は父が何をしているのかさえよく分かりませんでした。昼ぐらいに起きて何かを削っている。今考えたらあれは靴の木型だったのでしょうね。それに、父も「いきなり会社を継がせたりはしない」と公言していましたから、私は小学校の教師になることを夢見て大学も教育学科を選びました。

Vol.6 伝説の社長紹介番組と2代目(前編)

山口雅史さん さんの写真
Guest:宮尾すすむさんのご子息でタレントの 山口雅史さん

大崎:
いや~ ビックリしましたよ。もちろん、本日いらっしゃることは分かっておりましたが、打ち合わせもなく、いきなり収録が始まっているとは驚きましたよ!

山口:
父が出演していたモーニングショーの人気コーナー「宮尾すすむのああ日本の社長」のように、となると、あの番組は、社長の生のリアクションが売りだったわけですから、基本的には事前に打ち合わせはしないんですよ。

Vol.5 五輪は感動の宝箱

【コーヒーブレイク・大崎 潔社長のヨモヤマ一人話】 さんの写真
Guest: 【コーヒーブレイク・大崎 潔社長のヨモヤマ一人話】

mc: ご好評をいただいております社長対談のコーナーですが、今回は趣を変えて「コーヒーブレイク」と題して、大崎社長のオリンピックへの熱い思いを語っていただこうと思います。

鮮やかなグリーンのウインドブレーカーですが、こちらはダイエーホークス時代のものですね。

Vol.4 僕のヒーロー(後編)

横田忠義さん さんの写真
Guest:ミュンヘンオリンピック・男子バレーボール金メダリスト/全日本女子元監督 横田忠義さん

mc:
神宮前WEB チャンネル。第二回のゲスト横田忠義さんのお話の後編をお送りいたします。
再び、横田さんの旭川のご自宅に戻ってまいりました。

中編の最後に「今の全日本は金は無理、男子に至っては銅も難しい」という、バレーボールファンにとってはとてもショックなお話。そこに一番欠けているものは「根性」ともおっしゃっていましたがもう少し詳しく教えていただけませんか。

Vol.3 僕のヒーロー(中編)

横田忠義さん さんの写真
Guest:ミュンヘンオリンピック・男子バレーボール金メダリスト/全日本女子元監督 横田忠義さん

mc:
旭川の繁華街まで移動してまいりました。
神宮前WEB チャンネル。第二回のゲスト横田忠義さんのお話の中編をお送りいたします。

横田:
まぁ、能書きは良いから先ずは乾杯しよう。

大崎:
そうですね。

横田:
ようこそ、旭川へ。乾杯!

一同「乾杯!」

Vol.2 僕のヒーロー(前編)

横田忠義さん さんの写真
Guest:ミュンヘンオリンピック・男子バレーボール金メダリスト/全日本女子元監督 横田忠義さん

mc:
神宮前WEB チャンネル。第二回のゲストはミュンヘンオリンピック・男子バレーボールの金メダリストで、全日本の女子の監督も務められた横田忠義(よこた ただよし)さんです。本日は旭川の横田さんのご自宅にお邪魔をしております。これから3 回にわたり、お話を伺わせていただこうと思います。

「会社の経営者」と「金メダリスト」というのが、私には直接のつながりが見えないのですが、先ずは、大崎社長からお二人の出会いについてご紹介をいただけますか?

大崎:
本当の意味での横田監督との最初の出会いというのは、子供の頃に観た昭和47年のミュンヘンオリンピックの時。一方的ではありますけれど、ブラウン管では大ヒーローでした。「9番のユニフォームをつけてクロスうち」のイメージがある。クロスを打たせたら世界一だったんですよ。準決勝ぐらいから「どうなるんだろう? 絶対金を獲る、金以外はあり得ない」と思っていたら本当に金を獲った。歴代100人以上の金メダリストがいいますが、松平一家と言われた憧れのミュンヘンの金メダリストでした。

Vol.1 大崎社長との出会いについて

川田あつ子さん さんの写真
Guest:女優 タレント 川田あつ子さん

mc:
第一回目のゲストは、女優の川田あつ子さんです。ようこそオーサキ・神宮前WEBチャンネルへ

川田あつ子さん(以下 川田):
こんにちは、記念すべき第一回目のお相手に選んでいただき光栄です。 

このページの先頭へ