Vol. 12 夢抱く平成生まれ初登場(前編)

Guest: 櫻井勝之プロ、石川えりなさん

大崎:
今回の社長対談は、平成生まれで初めて、それもお二人の方へのインタビュー。ゴルフの櫻井勝之プロ、そして、歌手の石川えりなさんです。

entry011_photo01.jpg櫻井:石川:
こんにちは、本日は宜しくお願いします。

大崎:
石川さんが平成2年8月13日生まれ、櫻井プロが平成3年1月2日生まれということで、全くの同学年。どんな対談になるかワクワクしています。


先ずは、私からお二人に質問をしますので、お手元のメモに答えを書いてください。


では、第一問。櫻井プロはゴルフを始めた年齢、石川さんは本格的に歌を始めた年齢をお書きください。

entry011_photo01.jpg櫻井:
私は、小学校5年生です。父親の影響で始めたのですが、その頃は野球をやっていまして、どちらかいうとそちらの方が好きでした。

大崎:
そうなんですか。お父様は、何とおっしゃっていたんですか?

櫻井:
好きなことをさせてくれる両親で、特に「将来、プロゴルファーになりなさい」などとは言われませんでした。

大崎:
なるほど。石川さんは18歳?

石川:
歌を本格的に学び始めたのは専門学校に入学した18歳です。9歳からヒップホップダンスを踊っていたのですが、そのご縁で11歳の時にミュージカルに出演したのが音楽の道に進むきっかけでした。

大崎:
今までのお仕事の中で、一番感動したことは何ですか。


entry011_photo01.jpg石川:
2013年9月4日に日本クラウンより『つぶやき』という曲でデビューをさせていただいたのですが、何とその日に、NHKの全国放送のラジオ番組に生出演をさせていただきました。本当に嬉しかったです。

大崎:
それはすごいことですね。これだけ恵まれたスタートをきれる歌手は、なかなかいないんじゃないですか。


そして、櫻井プロは、日本アマチュアゴルフ選手権の時ですか。

櫻井:
50cmのパットを沈めた後、あるファンの方が近づいて来てくれてハグをして下さったんです。思わず涙がこぼれました。

大崎:
お二人ともファンや、スタッフなど多くの皆様に応援をしてもらえるお仕事ですよね。社長業は、どんなに頑張っても拍手をしてもらえるお仕事ではないので羨ましいです。


さて、お二人とも、それぞれのプロの世界にいるわけですが。その中で厳しさを感じたことはありますか?


石川:
負けず嫌いなので、上手くできなかった時などは、自分自身への悔しさや甘さを感じます。お仕事への意識の高い尊敬する先輩に囲まれているので、「もっとこうなりたい」という理想はあるのですが、そこに至っていない焦燥感があります。

entry011_photo01.jpg櫻井:
ゴルフは結果しかないので、結果が出ない時には練習をするしかないんです。「できない自分とどう向き合うか」ですね。引きずった時には成功はないです。

大崎:
確かにどんな分野でも、意識を切り替えられる人は、強いですね。芸能の世界も、プロスポーツの世界も、上下関係が厳しいいわゆる縦社会ですよね。若いお二人にとってやりづらさはないですか?

石川:
やりづらさは全く感じていません。事務所の先輩である大西結花さんや石井明美さんには、日常の礼儀などを教えていただいたりして、本当に大切にしていただいています。

櫻井:
ゴルフの世界も年齢による上下関係はありますが、「試合になったら敵なので、気を使わなくても良い」と、先輩からは言われています。

大崎:
ゴルフ中継を見ている時に、時々選手同士が和やかにお話をしているのを見かけますが、あれは何をお話ししているのですか?

櫻井:
プレー中は、アドバイスをもらったりすることはルール違反なので、ゴルフとは関係ない雑談ですね。趣味のこととか、食事のこととか。

(後編に続く)

写真
Art&Photo LaCOCOKA(ラココカ・アート)
菊池廣高
松井理恵


櫻井勝之(さくらいかつゆき)さんプロフィール

生年月日:1991年1月2日
出身地:東京都麻布十番
好きなアーティスト:東方神起
目標とする人: ブレンダン・ジョーンズ、フィル・ミケルソン

2010年、日本学生優勝2011 年、日本アマチュア選手権優勝など華々しい成績を残して
2011年11月25日にツアープレーヤーに転向。今季プロ初優勝をめざしている。

 

石川えりな(いしかわえりな)さんプロフィール

生年月日:1990年8月13日
出身地:東京都
趣味:三味線(江戸端唄)、漫歩、江戸漫遊、古都巡り
特技:ヒップホップ、フラフープ、餃子をきれいに焼く
資格:温泉ソムリエ

2013年9月4日、日本クラウンより『つぶやき』でメジャーデビュー。
新内の師範を父に持ち、ミュージカル等の経験もある。歌声は、フレンチポップスにも似た『小鳥のさえずり』のような繊細な声質と表現が魅力。

このページの先頭へ